先進予防型健康社会 仙台クラスター 仙台地域知的クラスター創成事業(第Ⅱ期)

知的クラスター事業とは

事業概要

先進予防型健康社会仙台クラスター広域仙台地域

 近年の少子・高齢化社会の急速な進展は、対応する社会システムやインフラの整備が追いつかない中で、医療費・介護費等の増加が指摘されています。こうした中で、コスト増を防ぎつつ市民の安全、安心かつ健康な生活を実現するためには、これまでの疾病等にかかってからの治療はさることながら、疾病等の発生そのものを予防する1次予防の取り組みを強化していく必要があります。

 当地域においては、東北大学、東北福祉大学等の先端的な研究資源を活用し、先進的な予防の実現に資する研究開発、実証を行うことで、「先進予防型健康社会創成クラスター(先進的疾病予防・健康維持に関する知見の集積及びそれを活用した疾病予防・健康維持のためのサービス・機器開発を目指す産業の集積)」の形成を図り、これによって市民の健康の質の向上、行政コストの効率化及び地域経済の活性化をバランスよく成立させることを目指します。

先進予防型健康社会仙台クラスターの実現に向けて

 今後の超高齢社会において求められる予防医療・自立的健康管理の推進について、高齢化が国内でも特に顕著な東北地域において、その具体的な解決策を産学官の連携により率先して追及し、全ての人が生涯健康な人生を送ることができる社会の実現への貢献を目指すと共に、関連する機器・サービス提供に関する企業の創出・誘致等、産業の集積を目指します。

 上記の実現のため、本事業では、生体・医療情報の取得技術、伝達技術、分析・解析技術及び情報を活用した予防・健康維持の行動支援技術に関する研究開発と実証を通じて、情報通信技術による健康情報の市民への開放とその利活用による自己管理を可能とし、先進的疾病予防・健康維持の手法確立を進めてまいります。

このページのトップへ

(株)インテリジェント・コスモス研究機構 知的クラスター事業推進室
 
 

Copyright © 2011- SENDAI KNOWLEDGE CLUSTER INITIATIVE All Rights Reserved.