先進予防型健康社会 仙台クラスター 仙台地域知的クラスター創成事業(第Ⅱ期)

知的クラスター事業とは

事業運営体制

先進予防技術に立脚した健康社会クラスターの形成を目指して

事業総括 後藤 順一

 先進各国では高齢化社会の進展が進み、それに合わせた社会全体の変革が大きな課題となっています。そのひとつが市民の健康維持です。高齢者が中心となる社会を活力あるものとするには、一人ひとりが健康で元気に生活できることが重要になります。そのためには、加齢に伴う身体の衰えをできるだけ小さくし、病気にかからない健康状態を維持するための取組みが必要になります。広域仙台地域の知的クラスター事業では、当地域に集積している医工学連携技術や情報通信技術分野で国際的な競争力を持つ東北大学を中心とする最先端の研究者・研究設備を活用して、市民の健康状態の把握や、一人ひとりの状態に応じた日常生活習慣に埋め込む形態の健康指導サービスを開発する健康サービスクラスターを、産学官民一体となって形成することを目的としています。ここで開発する健康サービスを市民の生活習慣に取り入れることにより、若い人から高齢者まで全ての市民のライフステージでの健康の維持・増進の実現を目指します。予防に主眼をおいたライフスタイルにしていくことにより、生活の質(Quality of Life)の向上を図るとともに、医療・介護費用を適正化し、世界でトップレベルの元気で活力ある仙台地域の実現を目指して事業を推進していきます。

総括 プロフィール
評議員として東北大学の運営・研究企画に参画するとともに、東北大学病院経営担当特任教授等を歴任し、プロダクトマネジメントや経営に関する経歴を持つ。

知的クラスター創成事業推進体制図

このページのトップへ

(株)インテリジェント・コスモス研究機構 知的クラスター事業推進室
 
 

Copyright © 2011- SENDAI KNOWLEDGE CLUSTER INITIATIVE All Rights Reserved.