先進予防型健康社会 仙台クラスター 仙台地域知的クラスター創成事業(第Ⅱ期)

トップページ > 研究内容 > デバイス開発:脈波検診装置開発

研究内容

デバイス開発:脈波検診装置開発

吉澤 誠

吉澤 誠
東北大学サイバーサイエンスセンター 教授

昭和58年3月 東北大学大学院工学研究科博士後期課程修了(工学博士)。昭和58年 東北大学工学部助手・助教授、平成3年豊橋技術科学大学工学部 助教授、平成6年 東北大学大学院情報科学研究科助教授、平成13年東北大学情報シナジーセンター教授、平成20年より現職。

山家 智之

山家 智之
東北大学加齢医学研究所 教授

昭和53年仙台第一高等学校卒業、昭和60年、東北大学医学部卒業、平成元年、東北大学大学院修了、医学博士、平成16年、東北大学加齢医学研究所教授

モバイル診療鞄を開発し、学校、職場などから簡単に診療情報を医療機関に移送することができるシステムを構築しました。また、脈波信号を利用する圧反射計測システムを開発し、自律神経反射機能の計測に適用します。モバイル診療鞄については、平成22年度上期より実証フィールドを設定し、実証試験を行います。また、自律神経機能を測定する脈波計測厚反射計測システムについては、平成23年度上期に試作を終え、実証試験を行います。何れも機器事業化を目指しています。

このページのトップへ

(株)インテリジェント・コスモス研究機構 知的クラスター事業推進室
 
 

Copyright © 2011- SENDAI KNOWLEDGE CLUSTER INITIATIVE All Rights Reserved.