プロジェクト

リハビリテーション支援機器

高度物理的信号処理技術(光、磁場、電場など)による脳神経活動センシング及び制御技術を活用した革新的リハビリテーション支援機器の実用化

研究代表者
出江紳一

出江紳一 医工学研究科
四肢麻痺患者の自立支援を目的とした多連発パルス磁気刺激による新しいリハビリテーションシステムの開発

脳・脊髄の病気や損傷による麻痺のリハビリテーションを促進するための医療機器を開発します。神経刺激装置、運動を計測・制御する装置、人間に適用する最適なデザインを組合せて、患者さんの元に最短の時間で届けることを目指します。

招へい研究者
小山秀紀

小山秀紀 医工学研究科
経頭蓋磁気刺激リハビリテーション時の姿勢保持の最適化

脳損傷後の運動麻痺に対して、非侵襲的に脳の興奮性を変化させることが可能な経頭蓋磁気刺激を用いた効果的なリハビリテーション支援に着目し、運動機能に影響を及ぼすと考えられる姿勢・肢位の最適設計解の抽出ならびに新しい姿勢保持装置の開発を目指します。

研究者

金高弘恭 歯学研究科
患者動作リアルタイム解析による刺激トリガシステムの開発 (平成24年度~)

高木敏行 流体科学研究所
高頻度磁気刺激装置の開発 (平成24年度~)

知と医療機器創生宮城県エリア (株)インテリジェント・コスモス研究機構 医療機器創生部